快適に過ごせるカーペット選び

埃の飛散防止や防音性のある快適なカーペットとは

カーペットを利用する主なメリット

安全で衛生的で快適性を有しています

カーペットにはフローリングと競い合えるくらいの利点があります。
これに関しては、安全面及び衛生面、それから快適性です。
まず第一に、安全面ですが、カーペットを敷くことを通じて、足元が滑り難くなり、そのことを通して転倒防止に直結します。
仮に転んでも、フローリングに比べてクッションがありますのでケガも最低限に減らせます。
衛生面にあたっては、下に落ちてしまった埃やダニを空気中にもう一度舞うことを防ぎます。
それから丸洗いができ、衛生的といえます。
操作性は1年365日を通して突出しています。
しかるべくメンテナンスをしていると、そのままの状態で寝そべっても過ごしやすく寝られます。
さわり心地もフローリングに比べて良いです。
冬のシーズンは暖かく、夏の期間は涼しく感じる材料のカーペットもありますので、快適に過ごせます。
フローリングに関しては床暖房でない限りは、気温が低いと相当冷たくなります。
その影響で、スリッパを履かないと足裏が冷たくなりますが、カーペットを敷けば保温性がありますので冷たくありません。
とりわけ冷え性、あるいは寒がりの人にはベストでしょう。
そのままの状態で、上に寝転がることも出来ますから、幼い子どもたちがいる家では機能的といえます。

防音性に優れクッションの役目を果たします

カーペットを敷くと、足音に関しても響きません。
マンションともなると、下の階の方に対して面倒を掛けないようにするためにもお勧めできます。
それから敷くことにより、フローリングの汚れた状態や傷を防ぎます。
物を落とした衝撃などでフローリングに関してはダメージを受けやすいです。
しかしながら、カーペットを敷くことによりクッションの役目を果たしてくれます。


カーペットは汚くなると掃除しにくく、ダニのすみかとなって、アレルギーが発生する原因にもなるという印象が持たれ、それを不安になってフローリングにしている家も少ないとは言えません。
昔は畳の和室もメインでした。
畳上にカーペットを敷くことでダニの増加を促していたわけです。
いまどきの家はフローリングが一般的です。
フローリング上に敷くと、ダニの増加を促進することにはなりません。

埃がもう一度舞うことを防ぎます

カーペットを敷くと、埃がもう一度空中に舞うことを防ぎます。
フローリングの状態だと、埃は空気の流れでふたたび空中に移ります。
埃が見られる所にダニは好みます。
しっかりとカーペットを頻繁に掃除機をかけることを通して、フローリングの状態の部屋よりも、部屋の空気がクリーンに保持されます。
そのためアレルギーを抱えている人はフローリングと比べて快適に過ごせます。

人気記事ランキング