カーペットとは

カーペットの手入れ方法

カーペットの掃除方法は知っていますか?

オフィスのカーペットの掃除の必要性と方法のポイント

カーペットを手入れするべき根拠

事務所に敷かれているタイルカーペットに関しては、非常に多くの配線をカムフラージュして余計なものがない空間を可能にすること、足音並びに物音を和らげるため仕事に意識を向けやすい周辺環境を作りあげることなどのアドバンテージがあります。
しかしながら、反面たくさんの方が歩くことから外部から運び込まれた砂や土それから、ホコリがカーペットへと蓄積します。
こうした砂や土そして、ホコリを掃除せずにそのままにしておくと、ハウスダストやダニの源となります。
その事務所で勤務する方たちのアレルギーやコンディション不良の要因となりかねないのです。
従って、清掃はまめに実施することが基本的な法則です。


タイルカーペットに隠されたホコリ、あるいは砂や土などは掃除機を活用することによって取ることが掃除の原理原則です。
掃除機の活用法にもテクニックがあります。
家にあるノーマルなカーペット掃除と一緒のようなもので、 掃除機に関しては一か所に対しまして少なくても2往復はかけ、 毛足と反対の流れに掃除機掛け、汚い部分を掻き出すことが重要になります。
また、力を入れ毛を押しつぶさないことが優れた掃除機のかけ方になります。

掃除機をかける時の留意すべき点

掃除機をかける時は、可能な限り力を入れず毛をふかふかと逆立てる感じで実施するとゴミがしっかりと取り除けます。
汚い部分を吸い取ろうと自然と力を入れがちですがこれに関してはマイナス効果です。
毛足に対して付着するのみならず、絡みつきますから力が非常に強いと押しつぶされて掃除機そのものがゴミを吸い取れなくなります。
カーペット掃除の際は掃除機はソフトにかけましょう。


事務所という場所柄生活感がでにくいことから、一週間あたり1回くらい掃除機をかければ、通常の場合はカーペットの汚い部分がそれほど人目を引くことはありません。
しかしながら1ヶ月に1回程は、掃除機に加え拭き掃除についても実行すればより一層清潔度が改善します。
水に対して中性洗剤を100倍ぐらい、薄い水溶液を作って、絞った雑巾若しくはモップを利用することによって拭きあげます。
カーペット掃除の拭き掃除に関しては2回ずつ施すことが大事です。
中性洗剤が入った水溶液を利用することによってカーペットを拭く回数は、2回程で十分といえます。
1回目については毛の流れとは反対に、2回目は毛の流れに基づいてという感じです。
拭き掃除に関しては力を入れふき取ります。
雑巾、あるいはモップは頻繁に絞って、汚れを大きくしないようにしましょう。

人気記事ランキング